CMSは本当にいいのか?どうみるべきか?

mqmの王です

今日はCMSについて考えてたので、メモ目的もあり、淡々といきます。

CMS自体は歴史が長く、どんどんできることが増えています。一見いいことばっかりに捉えますが、ほんとにどうなのかを考えてみよう


まずCMSのメリットを整理し、みてみよう!


メリット:

---------------------------------

・サイトのコンテンツの更新が簡単になる

・サイト全体のデザインやSEOの対応がしやすい

・無料も含む選択肢が多い

・サーバー会社は標準装備しているプランが多い

・頑張ればコストを抑えることができる

・無料プラグインやアプリが多い

・対応できる業者が多い

・ウェブ上に情報が多いので学習しやすい

コンテンツ量多いの大規模なサイト構築が可能

・複数人数で運営できる

本当にメリットが多く感じることが分かります。特にオープンソースの場合は、プログラムできると、改良も自由自在ですね。

しかし、デメリットもみてみると。。


デメリット:

---------------------------------

・全てのサーバーに対応できない

・プログラマがいる(または外注)

・いらない機能が多い

・バージョンUPが面倒

・バックアップが大変

・既存サイトが存在する際に、移行作業が大変

・セキュリティ脆弱性

う~ん、デメリットも多いです!

では、CMS人気の理由はなんでしょう?


導入目的:

---------------------------------

・簡単にサイトを更新したい

・コストを抑える


CMSを採用される最もポピュラーな理由は恐らくこの2点だと思います。


>簡単にサイトを更新したい

なんでも簡単になるのは王道ですね。更新する予定のコンテンツで考えると、お知らせ、バナーや記事ぐらいではないでしょうか。

記事以外は数ページ~数十ページのサイトは本当に複雑なCMSを導入する必要があるかと思うときあります。


>コストを抑える

すべて内製ができる前提で、サーバーを借りて、CMSをインストールして、必要なプラグインやアプリをいれて、最短数時間で使えるようになりますが。しかし、ほとんどのケースは詳しくない方が多いではないでしょうか。また、プログラマが在籍せず、デザイナーのみでHTML/CSS/ JavaScriptが詳しでも、プログラムの部分に問題があると、解決できなくなってしまいます。結局、外注になってしまいます。最初のコストを抑えるつもりでスタートしたことが、逆に上がるケースも少なくないです。


これらもEasyPageの原点です。まだすごいCMSに及ばないですが、これから、どんどんよくなるように頑張っていきたいです。