AI時代について少し考えてみた

近年、AIはまたバズワードとなっています。機械学習やハードウェアなどの進化より、AIは再び人々日常の視野のに入ってるようになりました。人間の仕事を奪えてしまうじゃないかを心配している方のたくさんいると思います。実際は人間の仕事を代替するために、AIが進化しているので、必ず人間の仕事を奪えていきます。けど、人間がする仕事はなくなるとは限らないです。なぜなら、新たな分野の職種が増えるから、人間がすることがなくなりませんので、ただ違う仕事をするだけ!少し前まで囲碁は人間に勝てない云々の意見はあったのですが、ついに先日Googleの囲碁AI「AlphaGo」がプロ棋士に勝利という結果がでました。素晴らしいことです!


AI時代はどこまで来るか?

AI自体はかなり広い範囲の定義で、恐らくAIに対するイメージもみんなそれぞれです。現在、実際に知らないところにAIに使われつづですし、気づかないところで、人間ができないことや、単純な作業などが現場に立っているわけです。

科学分野で、人間が理解不能な領域に突入しつづであるので、それを解決するのに、コンピュータに頼ることも自然の流れだと思います。

生活やサービス関連でも、たくさんの課題がある中、人間を代替し、より精度を高めるや、コストを下げる経済的な効果があります。


AIは万能ではない

少なくとも数十年先まで、AIはまだ限られてる範囲で活躍していると考えられます。要は、**×AIで課題を解決するために研究、実用化が進んでいます。範囲外のことは、処理できなくなります。最も大きな課題は人間に近づけることです。人間の思考アルゴリズムは現在不明なまま、より人間らしさを引き出すために、人間が勉強するような学習能力が必要である。もし、それができてしまったら、神領域になるでしょう。

方向性はハードとソフト両方の進歩が必要です。まずハードに関しては「量子コンピュータ」を注目すべき、現在まだ実用レベルではないですが、いずれ実用されるはずです。さらに、ソフト面を考えると、OSやアプリなどもどんどん進化しています。


AIは天使か悪魔か

AIは天使とも悪魔ともなります!どんでもないパワーは「善」、「悪」は紙一重です。もし、人間のような学習能力を持ちながら、休まずにエネルギーが供給する限り動いて、とてつもない処理能力、自己進化するって 考えるだけでも凄まじい化け物です。この領域まで突入したら、本当に人間がコントロールできるでしょうか?AIにつて、近年の映画、マンガやドラマはいろんなの視点からたくさんの問題を出しています。興味ある方はぜひご一緒に考えてみましょう!もう単なる「もの」ではなく、立派な「生き物」と思います。むしろ、あらゆる分野で人間以上の能力の持ち主で、天使か悪魔か、その日がくるまでわからないと思います。


まとめ

AIはすごいことを想像できますし、さらに進化する日も遠くないです。AIのおかげで素晴らしいチャレンジもできるようになります。時代の流れは逆らえないことであり、いい方向でもわるい方向でもコントロールできないでしょう。唯一できることは、自らのチカラで、できるだけいい方向に向かうように努力するしかないですね。