郵便EMS料金2016年6月1日から値上げへ

皆さん、こんばんわ、本日もドタバタな一日でした。燃えますねw

今日は郵便の営業の方とお会いし、衝撃だったのは、料金値上げることでした。汗

「内国郵便の料金割引の変更及び国際郵便料金の改定」というタイトルの通知でした。


本コーナーの記事を読まれる方は多少「越境EC」に関わることがあると思います。

この改定の書類は1月29日で発行されたもので、私は1ヶ月ぐらい遅れて知りました。

まだまだ知らない方がたくさんいるはずので、記事にしました。

説明はコストが上がるや負担が大きいと云々書かれていますが、要は、国内外に関わらず、厳しい状況のようです。

上場企業となった関連もありますが。本コーナーと関連性あまりないので、触れませんが。


「越境EC」をされている方は、EMSは結構いい選択肢です。既に利用されている方もこれから利用する予定の方も、今年の6月1日から値上げることを事前に準備した方がいいです。



一番変更点が大きいのは、300gまでの項目は廃止ということです。

いきなり500gからの料金プランになります。

これは結構大きいですね、今まで、私がお勧めしてきたのは、小物で高単価が最適な商材です。

これで、大概300gまでに抑えることできます。一番得した越境ECのやり方です。


仮に3割りが300gまでの荷物が900円で送れることから1400円になります。一件当たりは500円もプラスされます。他の重量は300円ずつです。(第1地帯、期間割引を含まない)

結構負担が増えるはずです。そう言っても、対処法はありません。普通に料金を上乗せるしかありませんね。


国際EMSなど値上げるの理由は、主に通関などは件数単価で契約しているみたいで、重量と関係ないみたいです。昨年から、EMSの郵便物が爆発に増えたらしくて、重量少ない荷物の割合が多いはずです。そうすると、取り扱い量が増えるのに、コスト単価が上がることになるらしいです。う~ん、料金設定が興味深いですね。全ての売れば売れるほど儲かることはありませんね。